12917528
漢方なんでも相談室(掲示板)
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

産後ダイエット 投稿者:晴ママ 投稿日:2022/06/25(Sat) 17:55 No.14895  
産後ダイエットについてご相談したくメッセージしました。
宜しくお願いします。
昨年7月に第二子を出産し、もうすぐ1年になろうかと思います。
第1子は母乳育児と言うこともあり、それなりに体重が減って行ったのですが、第二子は混合育児で出産当初からなかなか体重が減らず。。。
もうすぐ1年経つのですが、生活リズムもストレスからか暴飲暴食や甘い物が辞められずこまっています。
自分でも、消費カロリーが摂取カロリーを大幅に上回っているからと言うことはわかっているのですが、2人育児のストレスが食事で発散されているのだとおもうのですが、漢方で抑える事は可能でしょうか?
恐らく血流や代謝も悪くなっていると思います。またストレスも沢山抱えていると思います。
学生時代に桃核承気湯で便秘が治り痩せた事がらあるのですが。あと、やはり代謝が悪いのか、肌もくすみがで肌荒れもなかなか治りません。
どんな物がよいかアドバイスを頂けると助かります。
また、1日の授乳回数は減っているものの、まだ授乳中の為ご配慮いただけると助かります。


Re: 産後ダイエット  - 2022/06/27(Mon) 11:37 No.14896   HomePage

産後は基本、血虚状態ですのでこの時期のダイエットはお勧めできません。
授乳が完全に終われば食事療法を中心の減量計画(運動、生活習慣、ストリス管理)を立ててください。
漢方薬は補助程度とお考えください。
ちまたにいわれています防風通聖散、防己黄耆湯、大柴胡湯などの
処方も証に合わなければ効果はありません。
今(産後の肥立ち)はまずは血を補うことが肝心です。


加味逍遙散の八味地黄丸の... 投稿者:カンカン 投稿日:2022/06/22(Wed) 10:53 No.14890  
更年期の不眠と尿トラブル改善のため『加味逍遙散』と『八味地黄丸』を1日3回服用していました。体調も良く効果を実感していましたが発疹が出て『猪苓湯』のみに変更されました。効果がありません。体質は陰虚で舌はに少しヒビがあります。

発疹が治ったら加味逍遙散と八味地黄丸の回数を減らして飲んでも大丈夫でしょうか。
加味逍遙散と牛車腎気丸の飲み合わせがよければそちらを試してみたいとも思っています。

よろしくお願いします。


Re: 加味逍遙散の八味地黄...  - 2022/06/22(Wed) 15:29 No.14891   HomePage

どんな経緯で発疹が出たのか不明ですので何ともお答えできません。
加味逍遙散と八味地黄丸で調子が良いようでしたら服用されれば良いと思います。
それでまた発疹がでるようであれば処方変更です。
八味地黄丸も牛車腎気丸も同じような処方ですので発疹への影響は同じだと思います。
下半身に主な症状がある場合には牛車腎気丸を選択します。


Re: 加味逍遙散の八味地黄... カンカン - 2022/06/22(Wed) 16:39 No.14892  

ご回答ありがとうございます。発疹が引いたら再挑戦してみます。
一つ気になるのが、西洋薬との飲み合わせは関係するかという事です。

現在服用中の西洋薬
コレステロールを下げる薬『ロスバスタチン』
血液をサラサラにする薬『バイヤスピリン』

もし、また発疹が出て薬を変更する場合、おすすめの処方はありますか。
下半身は冷えますが、たまに火照りがあり暑がりです。

よろしくお願いします。






Re: 加味逍遙散の八味地黄...  - 2022/06/22(Wed) 19:21 No.14893   HomePage

経験上あまり心配はないと思われます。
強いて言えば加味逍遙散と八味地黄丸の牡丹皮の重なりが
バイアスピリンとの併用で出血傾向になるかもしれません・・・憶測ですが。
処方的には加味逍遥散と清心蓮子飲の合方も良いと思います。


Re: 加味逍遙散の八味地黄... カンカン - 2022/06/22(Wed) 19:42 No.14894  

とても参考になりました。ありがとうございます。


抑肝散を試してみたい 投稿者:春眠 投稿日:2022/06/15(Wed) 19:25 No.14886  
はじめまして。
46歳、女性、年齢的にも更年期特有の症状が出てきたようです。
生理周期が短くなり、量も減り、経血も薄くなってきました。
ホットフラッシュはありませんが、この冬、夜中に太ももにだけ寝汗をかくことが2〜3度ありました。
特に最近ひどくなっているのが、常に漠然とした不安感と憂鬱さがあり、さらに頻繁にイライラが出ることです。
また寝つきは悪くないのですが眠りが浅くなり、毎晩2.3回中途覚醒してしまいます。
以前、現在より上記症状が軽かったときに命の母、命の母ホワイト、ルビーナを試しましたが全く変化を感じられませんでした。
今回抑肝散を試してみようかと考えていますが、どうでしょうか?
他に適するものがありましたら教えていただけないでしょうか。

また、抑肝散加芍薬黄蓮は普通の抑肝散にどのような効能が加わるのですか?
よろしくお願い致します。



Re: 抑肝散を試してみたい  - 2022/06/16(Thu) 11:44 No.14887   HomePage

更年期の諸症状の原因は陰(血、ホルモン、栄養物質)虚が主になります。
陰(血)が不足すると相対的に陽(熱)が優勢になり
火照り、ホットフラッシュ、のぼせ、イライラ、不眠、寝汗などの色々な不定愁訴がでてきます。
証によりちがいますが加味逍遥散、キュウ帰調血飲第一加減、当帰芍薬散、
柴胡桂枝乾姜湯、温経湯、抑肝散加陳皮半夏、桂枝茯苓丸など枚挙に暇がありません。
抑肝散も証によっては使用しますがオールマイティーな処方なので
成分的にやや力量不足を感じます。
抑肝散加陳皮半夏にして桂枝茯苓丸などとの合方も良いと思います。
不眠が酷ければ心(脳)熱の清熱に黄連解毒湯の合方も考えられます。
芍薬の加味は陰を補い肝を養い痙攣、凝り、震えなどを押さえます。
黄連は心(脳)熱を冷まし不眠、イライラなどを鎮めます。


Re: 抑肝散を試してみたい 春眠 - 2022/06/16(Thu) 21:03 No.14888  

早速のご回答、ありがとうございます。
教えていただいた漢方を調べてみましたら、桂枝茯苓丸の効能が若い時の自分にピッタリ当てはまっていました。現在は月経痛もなく(月経前の乳房痛のみあります)、レバー状の経血も出ない(むしろサラサラ薄くなっている)状況です。その他は当てはまっています。
一番改善したいのが不安感なのですが、その場合桂枝茯苓丸よりも加味逍遙散の方が適していますでしょうか。
イライラもありますが、発散できず自分の中に溜め込むタイプです。
抑肝散は人に当たり散らすイライラに効くとも聞きましたので、
やはり加味逍遙散をまずは試すのが良いですか?
生薬が似通っているので併用するのは意味がないでしょうか。

何度も申し訳ありません。
ご教示いただけると幸いです。


Re: 抑肝散を試してみたい  - 2022/06/17(Fri) 10:49 No.14889   HomePage

抑肝散や加味逍遙散は同じ部類(肝気鬱結、肝血虚、肝陽上抗)の処方です。
熱感、不眠が強ければ加味逍遙散を選択します。
それ以外は効果は同じです。
抑肝散は本来子供の疳の虫の処方で作用はマイルドです。
不安感やウツ感が主な場合には心の気血不足も考えられますので
加味帰脾湯合桂枝茯苓丸も良いと思います。


四逆散について 投稿者:YOON 投稿日:2022/06/08(Wed) 19:25 No.14881  
胃の不調が続き受診したところ、四逆散が出ました。
2日ほど飲んだところ、突然お腹がグルグル動く感じがして、しばらく軟便〜下痢が続き困りました。
これは体質的に合わないということでしょうか?
引き続き飲み続けても大丈夫ですか?


Re: 四逆散について  - 2022/06/08(Wed) 19:52 No.14882   HomePage

漢方薬は初服の折(1〜3日ぐらい)には一時的に腸内細菌の変動が起こり
下痢、軟便、腹部膨満感などが起こることがあります。
今現在落ち着いているなら継続服用されても良いと思います。
あくまでも神経性(ストレスなど)の胃腸炎に使用する処方ですので
脾虚(胃腸虚弱)がある方には六君子湯など補脾の処方の合方も必要になります。


Re: 四逆散について YOON - 2022/06/09(Thu) 20:43 No.14883  

ありがとうございました。


桂皮(シナモン)の抑制効... 投稿者:笹葉 投稿日:2022/06/06(Mon) 20:33 No.14878  
いつも相談に乗っていただいてありがとうございます。シナモン(桂皮)について、「漢方210処方 生薬解説」という書籍を読んでいたところ、少量で覚醒傾向、多量で抑制傾向になるとありました。この多量というのは何グラムから多量かという記載がなく、どれぐらいの量で抑制傾向になるのかを知りたいです。


Re: 桂皮(シナモン)の抑...  - 2022/06/07(Tue) 13:01 No.14879   HomePage

厳密には漢方では桂枝を使用しています。(通経通陽)
あまり多量だと陽気が多くなり陽実証の障りがあります。
常用量は4〜6gです。10g以上が多量かもしれません。
文献では90g使用している例もありました。
産地や収穫時期によりバラツキがありますので西洋薬とは違い
一概には多量の使用量は分りません。
患家や療方家による臨床経験値によるところが大きいと思います。


Re: 桂皮(シナモン)の抑... 笹葉 - 2022/06/07(Tue) 13:32 No.14880  

ご返信ありがとうございます。90g!はチャレンジャーだと感じてしまいますが、10gを目安に考えてみたいと思います。漢方では桂枝を使用するのですね。参考になります。

以前、粉しょうが・黒糖・桂皮(氷ひとつで2〜4gほど)・枸杞子をミキサーで粉砕してまとめて製氷器で氷にしたものを飲んでいました。先日、桂皮の粉末をちょっと試してみていましたが、その時の感じと、その後に飲んだ氷しょうがの感じが違っていました。ちょうど、本にあったような覚醒/抑制の切り替えがあって、これなのかなと思いました。

自分の体質と感覚をみていきながら、量を加減してみようと思います。最近は漢方の生薬も、精神安定剤のような働きをすることもあると感じています。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
Modified by isso